無外流居合 龍桜クラブ

無外流玉風会所属のシニアと主婦の方々が「健康・生きがい・ダイエット」を目的として作った同好会、玉風会 龍桜クラブ。味のある格調高い居合を目指して互いに切磋琢磨しましょう。               

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍桜クラブ 第29回 稽古

2008.9.24
龍桜クラブ 第29回 稽古

(出席者・記帳順:廣井さん、宮川さん、菱山副場所長、木村さん、早川さん)5名

1 基本の一の抜き付けについて3回書いてきました。
4回目の今日は、抜き付けたときの体勢、刀の位置等について考えます。

(1) 刀の位置:横一に切ったのだから刀は水平。さらに、水走り。
剣先やや上がるとの意見もあるが、それでは逆袈裟とあまり変わらない。敵の心臓に向いていない。刀勢が斜め上に逃げていることになる。

(2) 鞘引き:鞘は鞘離れしたときの角度で引かれていなければならない。
縦になっていることはあり得ない。

(3) 足:両足とも敵に正対していなければならない。しかも両足の横の間隔が正しく保たれていなければならない。保たれていなければ、右半身になってしまう。

2 次に振りかぶりについて書きます。横一に抜き付けてからの振りかぶりに限定します。
 「左耳の後ろを突き刺すように振りかぶる」(初心者稽古読本・玉風会版)
  なかなか難しいことです。殆どの方が出来ていないと思います。

  私なりにポイントをまとめてみました。
(1) 抜き付けた右拳を絶対に下げないこと。
(2) 剣先は左耳の後ろを突き刺すようにして上ってゆき、切っ先上りに振りかぶること。
(3) この瞬間に「ため」が出来ていて、間を置くことなく真っ向切ができること。
(4) 振りかぶるとき、右拳が視野を遮らないこと。
(5) 手首を上手に使うことが最大のポイントだと思います。

 私も充分にできているとは思いません。他所で撮った写真ですが、7枚載せました。
ごらんください。
P9120120_1.jpg
P9120123_1.jpg
P9120124_1.jpg
P9120125_1.jpg
P9120126_1.jpg

3 体勢について
「刀法」、「刀勢」は勿論大切ですが、私はそれに劣らず「体勢」を重く見るべきと考え、龍桜クラブ及び日曜・池袋場所にて重点を置いてきました。
 ここでは、写真4枚を載せるにとどめました。
P9240128_1.jpg
P9240129_1.jpg
P9240130_1.jpg
P9240131_1.jpg

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://gyokufu.blog98.fc2.com/tb.php/20-06396bbc

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。